MM歯科・矯正歯科

診療案内INFORMATION

認定医による高度な口腔外科治療

口腔外科治療は、虫歯や歯周病などの病気以外の口腔内の病気を外科治療で行います。
当院では口腔外科の認定医であるドクターが患者さんとマンツーマンで向き合って治療にあたります。
さまざまな症例に対応し、高い水準での治療を提供いたします。
万一当院で治療できない場合にも、大学病院等と連携しているため当院からの直接の紹介も可能です。

口腔外科治療について

下記は当院で扱う症例の一部です。これ以外の症状でも、柔軟に対応いたしますのでご相談くださいませ。

口腔外科で治療する主な症状
  • 親知らず

    歯を抜くときには、痛みが少なくて済むようしっかりとした麻酔と行います。薬や施術などで、抜歯後の痛みや腫れなどもケアいたします。
    親知らずの抜歯は技術と経験が必要です。当院では、大学病院口腔外科で培った技術で自信をもって対応いたします。

  • 口内炎

    お口の中のできものとして口内炎が一般的ですが、痛みも強く、できものがだんだん大きくなるような場合は良性腫瘍やガンの可能性もあるので要注意です。早めに受診して下さい。

  • 顎関節症

    顎を開けるときや、噛む際に痛いなどの症状があります。その原因は、日中のくいしばりや就寝時の歯ぎしり等が原因となることが多いとされています。
    むやみに歯を削ったりすることはせず、まずは生活習慣の改善、必要に応じてマウスピースによる治療を行います。

  • 外傷、裂傷など

    口の中を切ったり、転んだときに歯が揺るんでしまった、欠けてしまったなどの症状に対応します。
    外傷に対する処置は、迅速な対応が必要です。当院では経験豊富なドクターが迅速に対応させていただきます。

  • 歯の移植

    局部麻酔をして、移植する歯を抜歯し、歯を移植する手術を行います。
    まず、歯を移植する箇所の骨を削って、歯の根っこに適した形にします。
    次に歯を移植して、一次的に周りの歯と固定をいたします。
    その後、移植した部分の治療を行い、歯をしっかりと固めます。

  • 顎骨炎

    虫歯が進行して、菌が骨や周囲に広がってしまい炎症を起こしてしまう感染症です。レントゲンなどの様々な検査をして、症状にあわせて治療を行います。
    近年では骨粗しょう症の薬を内服中の方や点滴している方に発症しやすいといわれています。大学病院での経験を活かして適切に対応いたします。

  • 口腔がん

    口の中にできる悪性腫瘍を口腔がんと言います。体の中のがんと違って口腔がんは直接目で見ることができます。ただ、見た目が口内炎と似ているため、気づかれにくいこともあります。当院では大学病院での経験から口腔がんの初期診査を行います。また状況に応じて適切な連携病院へ紹介にて対応致します。

上記以外にも様々なお口の疾患に対応いたします。お気軽にご相談ください。